調理器具を賢くメンテナンスしよう

>

使用後はほったらかさずに

ほったらかしメンテナンス

パソコンなどでよくきく「定期保守」。
実は、調理器具の世界にもあるのです。
主に業務用なのですが。
予め決められた料金を支払って契約することによって、定期的なサービスやメンテナンスが受けられるというシステムです。
定期点検や消耗品交換で、故障しにくい環境を作ったり、清潔な環境を保ったり出来ます。
一般的に普及しているこの定期保守は、飲食店や、給食施設がほとんどですが、一部、家庭用のサービスを行っている会社もあります。
消耗が激しく、汚れがなかなか落ちにくい場所は、定期的なメンテナンスシステムがあればとても助かります。
このサービスが家庭用にどんどん普及すれば、メンテナンスもほったらかしということもできるでしょう。

次世代はスマホで調理?

調理器具は、どんどん進化を遂げています。
材料を入れて、スイッチひとつで、仕上げまでは当たり前、次世代は、スマホで操作が出来る機能が搭載されています。
残念ながらまだそれほど普及されていない為、修理やメンテナンスは、メーカーでしか出来ないのと、価格が高いというのが難点ですが、今後、このような家電調理器が普及していくのではないでしょうか。
もしかしたら、自動メンテナンス機能もつけられる日がくるかもしれません。
電化製品は、いずれは壊れるものです。
しかし、壊れたからといってすぐに買い換えるのではなく、修理に出すなどして長く使っていきたいものです。
壊れないように、日頃のお手入れと、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。